骨粗しょう症薬の副作用としての顎骨壊死

投稿者 okabeshika on 2月 11, 2022

ビスホスホネート系薬剤について

 骨粗しょう症とは、言うまでもなく、
骨密度の低下によって骨がもろくなり、骨折しやすくなる病気です。

 body_kotsu_sosyousyou.png

骨粗しょう症のお薬にはいろんなタイプのお薬があります。

そのお薬は大きく、

 1:骨を壊す働きを抑える薬

 2:骨を作る働きを高める薬、
    副甲状腺ホルモン薬など、

 3:骨の作り替えのバランスを整える薬、
     活性型ビタミンD3薬

などがあります。

 1のなかの一つの種類に

ビスホスホネート(以下、BP系薬剤)

という系統のお薬があります。

内服するタイプ、注射をするタイプ、点滴をするタイプ、などがあります。

この系統のお薬に副作用として、
ごくまれですが、抜歯などの歯科治療時に
顎の骨が壊死(えし)するケースが報告されています。

顎骨壊死とは、

要は、顎の骨が腐ってしまうことです。

 body_zugaikotsu_skull.png

原因は基本的には、歯が原因でできた骨の炎症でが、
BP系薬剤が、それを悪化させる場合があります。

対処法

まず、歯科治療を受ける際には、
骨を壊す働きを抑える薬を使っていることを

必ず伝えてください。

 okusuri_techou.png

さらに、

定期的に歯科を受診し、

むし歯の治療をしっかりと受け、
口腔の衛生管理にも努めてくださいね。

投与期間(長期)、投与方法、併用薬(ステロイド)によっては、
歯科処置(抜歯)前に投与を中止する場合もありますよ。

先生方とよく相談されてくださいね。

治療法としては、

基本、腐骨除去手術(腐った骨を取り除く)となります。

 

まとめ

高齢化社会となり、骨粗しょう症の患者さんは増え続けていくと思われます。

寝たきりになるような
重大な骨折を防ぐためにも、

 kaigo_woman.png

骨粗しょう症薬をしっかりと服用し、
なおかつ、
こまめに歯科を受診し、顎の骨を守ることが大切ですね。

石川県金沢市 おかべ歯科医院
歯科医師・院長:岡部孝一
公益社団法人 日本口腔外科学会 指導医・専門医、医学博士