歯って何本あるの?

投稿者 okabeshika on 11月 29, 2020

 

歯って何本あるの?

歯を最後まで残しましょう

 

数えてみましょう.

歯を上下左右、4ブロックにわけます.

1番、2番が前歯

3番が糸切り歯(犬歯)

4番、5番が小臼歯

6番、7番が大臼歯

8番が親知らず(智歯)です.

1ブロック8本で、4ブロック×8本で計32本です.

通常、親知らずは、数に入れませんので、

「28本」とおぼえていただければ良いかなと思います.

ちなみに乳歯は20本です.

0067000003.gif 

さて、親からいただいた28本の歯が、その後どうなっていくのか.

下の図を見て下さい.

東京都福祉保健局のHPから拝借しました.

anatanohanokazu.jpg 

現在の年齢と歯の数から、未来の歯の数を予想することができます.

同じ年齢で、歯の数が、どれくらいの順位にいるかがわかります.

例えば、45歳時点で、歯の数が24本の人は、100人中90番目です.

このままだと、歯の数は、急激に減少し、80歳で数本.

多くの方が、総入れ歯という状況です.

さっそく、鏡をみて、歯の数を数えてみて下さい.

そして、このグラフに当てはめて、

自分がどの位置にいるのかを確かめて下さい.

 

いうまでもありませんが、大切なのは、

自分の歯を死ぬまで残すということです.

8020運動をご存じの方も多いと思います.

80歳で、20本の歯を残そうという運動です.

それには、若いころからの予防が大切です.

 

できることは二つ

 1:歯磨き

 2:定期検診です.

詳しくは、おかべ歯科医院にて.