子供が生まれたら。歯磨きとお口のケア<3> 3~5歳 編

投稿者 okabeshika on 1月 3, 2023

子供が生まれたら。歯磨きとお口のケア

<3> 3~5歳 編

 

①3歳からの歯みがき

3歳を過ぎると20本の全部の乳歯が生えそろいます。

 milkteeth_24-36months.png

歯みがきも、率先して、やりたがります。

そんなときは、ぜひ自分でさせて上げてさい。

歯ブラシは、毛のかたさがふつうで、しっかりコシのあるもの、

子どもが握りやすいものを選びましょう。

 

②自分で歯をみがくときのポイント

1:自分で磨かせるときに、

まず気をつけることは、子どもひとりだけでさせないことです。

親はそばにいて、走り回ったり、転倒しないか、みてて下さいね。

転んだ拍子に歯ブラシで口の奥を傷つけてしまって

救急車っていうこともあり得ますからね。

くれぐれも目を離さないようにしてください。

 hamigaki_girl.pnghamigaki_boy.png 

2:鏡の前でさせることです。

「口の中を自分できれいにしている」と自覚させることを大切にしましょう。

手鏡も応用して下さい。

難しいかもしれませんが、どこを磨いているのか、徐々に分かってきます。

 1967000019.png

 左→右、上→下、表→裏、決まった順番で磨かせることも大事です。

順番を決めないと、大人でも、必ず磨き残しがあります。

磨き順のイラストなどを貼り、毎回同じ順番で磨かせることを心がけてください。
順番通り磨くために、「次は左下の裏」のように声かけするといいですね。

うまくできたら褒めて上げてくださいね。

とっても、自信になりますよ。

絵を子どもと一緒に作ると、磨くときにより楽しんでくれますよ。

→イラストをご用意しましたので、お申し出ください。

2194502-2.jpg

③仕上げ磨きもお願いしますよ。

もちろん仕上げ磨きも大切です。

大人と一緒で、上の奥歯のほっぺ側に磨き残しがあります。

そのため、長め歯ブラシで磨いてあげるとよいでしょう。

子どもを寝かせて、のぞき込むようにしてね。

少し口を閉じかげんにすると磨きやすいですよ。

特に、ブラシが上の奥歯の外側に、

しっかり当たっているか確認しながら磨きましょう。

この部位は、大人でも磨けていない人が沢山いるくらいですよ。

 

④デンタルフロスもとっても大切です。

1~3歳 編をご参照ください。

 

★乳歯が生えそろってきます。20本です。

一番奥の乳歯とその手前の乳歯の間は、

必ずフロスで汚れを落として上げてくださいよ。ママとパパの必須ですよ。

 

このころの子どもは色んな面で、どんどん知識を吸収します。

自分での歯みがきがとても大切だと教えてあげてください。

まいにちスクスク2022年3月16日 放送を参考とさせていただきました。