子供が生まれたら。歯磨きとお口のケア<1> 0~1歳 編

投稿者 okabeshika on 1月 3, 2023

子供が生まれたら。歯磨きとお口のケア

<1> 0~1歳 編

job_shikaeisei.png 

言葉で説明しても、仕切れません。

百聞は一見にしかずで、ぜひ、歯科医院で、

歯科衛生士から、実地で、指導してもらってください。

歯ブラシの種類、硬さ、長さ、大きさ、

当て方、動かし方、順序、

フッ素入りが磨き、フッ素塗布、などなど。

 

毎日欠かせない歯みがき。でも、子どもが嫌がるなど、

悩んでいるママ・パパも多いと思います。

今回は、1歳までの赤ちゃんの場合です。

 

①赤ちゃんのお口のケアは?

1334550005.png 

「口の中は常に清潔にする」というくせをつけておくことが大切です。

赤ちゃんに乳歯が生えるのは6か月ごろですが、

歯が生える前でも口の中のケアが必要ですよ。

 

まずは、ミルクを飲んだ後は、ガーゼで口の中をきれいにしてあげましょう。

1.口の周りを軽くマッサージ

急に、お口の中にガーゼをあてがうと、ビックリしますよ。

まずは、口のまわりを軽くマッサージして上げてください。

 

2.指にガーゼを二,三周巻きつけてください。

ぬるま湯で少しぬらしてから、口の中を拭いてあげましょう。

ミルクが残った舌やあごの部分をそっと拭いてあげましょう。

★上唇の裏側にミルクの汚れが溜まりやすいですよ。

 

②指を入れると嫌がるとき、気をつけて欲しいこと

赤ちゃんは、口の中に指を入れられると

たいていは嫌がってしまいます。これには原因があります。

原因は「哺乳反射」です。

赤ちゃんは上唇に触れるものを、

すべておっぱいだと思って吸ってしまうのが「哺乳反射」です。

 baby_hansya_honyu.png

おっぱいじゃなかったら反射的に嫌がってしまいます。

早いうちなら上唇のマッサージをすることで慣らすことができますよ。

 

上唇のマッサージは1日1回10秒くらい、

やさしくさすったり押したり引っ張ったりするだけいいですよ。

少しずつ、少しずつ、慣れるようにして下さいね。

このあとの歯ブラシも楽になりますよ。

 

③下の歯が放出してきたら

 milkteeth_6months.png

4~8か月ごろ、歯が生えてきたら、いよいよ歯ブラシの出番ですよ。

この時期、まだ前歯2本、しか生えていないので、

「歯ブラシはまだまだ」と思うかもしれませんが、

最初が肝心です。いつも体を洗うことと同じように、歯もきれいにしましょう。

 hamigaki_akachan.png

歯ブラシ

★ヘッドが小さく、毛は柔らかいもをセレクトしてくださいね。

歯ブラシは、まだ歯ぐきがやわらかく傷つきやすいので、

磨いてあげるときは、頭をしっかり固定してください。最初は、パパに手伝ってもらっても良いかもね。

力を入れず、クチュクチュ磨くのがポイントです。

やさしく!、丁寧に!、1本ずつ!磨くのコツですよ。

 

★歯の裏側は、1本ずつ縦磨きにすると磨きやすいです。

 teeth-cleaning001.png

★この時期、いちばん大切なことは、歯みがきの習慣づけです。

一番大切はことは、歯ブラシを嫌がらずに受け入れられる口にすることですよ。

決して、無理しないでくださいね!。

まいにちスクスク2022年3月14日 放送を参考とさせていただきました。