入れ歯が割れた時、どうすれば良いの?

投稿者 okabeshika on 10月 3, 2019

今回は、当院での、入れ歯の修理について、ご説明いたします.

 

①入れ歯が割れたときの修理

義歯破折修理と言います.

入れ歯の割れた部位を修繕することができます.

割れた面の接触面積がとても小さい場合や

お口の中で安定しない場合は、困難な場合もありますが、

ほとんどのケースで修理可能です.

 

②今使っている入れ歯に、歯を足す.

義歯増歯と言います.

抜歯した場合に、使っている入れ歯に歯を足すことができます.

これも、足す本数が多い場合や、

安定しない場合は困難な場合がりますが、

1本なら、ほとんどのケースで修理可能です.

 

③入れ歯のバネを修繕する.

クラスプ修理と言います.

入れ歯のバネが折れたり、取れたりした場合も修理できます.

バネなしで、口の中で安定しない場合は修理は難しいです.

特に、歯の数が一本、二本の場合は新しく作った方が良いです.

 

ご不便をおかけしますが、最低、一日、お預かりになります.

月、火、金の午前中にお預かりになれば、

翌日の夕方には、お返しできます.

それ以外の日時だと、二日間以上、かかる場合があります.

祭日や、まれに技工士さんの都合により、のびる場合があります.

残念ながら、「必ず元通りになる」というお約束はいたしかねます.

新しく作ることになる場合もあり、その際はご容赦ください.

 

大変、ご迷惑をおかけしますが、よろしく願いいたします.