なぜ、ブラッシング指導なのか(その2)

投稿者 okabeshika on 8月 12, 2019

なぜ、ブラッシング指導なのか(その2)

時々というより、けっこう、いらっしゃいます.

ブラッシング指導なんか受けているヒマなんかないんで、

 自分は磨けているので、痛いのだけ直してほしい、

 むし歯だけ治してくれれば十分だ、ぐらぐらするのだけ直してほしい

とおっしゃる患者さんが.

もうおわかりだと思いますが、これも本末転倒なんです.もう少し説明します.

 

ブラッシング指導により分かること

  1. 自分が磨けて いるのか いないのか
  2. どこが 磨けていないのか
  3. そこを磨くに どうすれば良い のか
  4. 磨けるようになると どんな変化 が起こるのか.

 0767035001.gif

再び、熊谷崇先生の御言葉です.

「自分の歯を知ることが健康の源」

熊谷崇、2016年1月28日放送、カンブリア宮殿より

 

磨けているか磨けていないかが分からずして、

次のステップにはすすめないんです.

 

血圧を測らず高血圧の治療ができないと同じように、

血糖値を知らずして糖尿病に治療がなり立たないのと同じように、

自分の歯の現状を知らずして歯科治療はそもそも成り立たないんです.

 

大切なことなので、再度繰り返します.

「口腔内を清潔にしない限り、ちゃんとした治療は出来ない.」

「詰めた歯は4,5年で再感染して取れたり痛くなったり次の治療を繰り返す.」

熊谷崇、2016年1月28日放送、カンブリア宮殿より

 

肥満、運動不足、暴飲暴食、ヘビースモーカーの人の

高血圧糖尿病がなかなか治らないのと一緒です.

磨けていないと、それに気づいていないと、歯科治療に大きな支障を来します.

 

歯垢や歯石がついていると、

ちゃんとした治療は出来ない理由」を追加して申し上げます.

  1. そもそも歯面が汚れて隠れいると、むし歯が見えにく、虫歯の診断 の妨げになります.
  2. 歯垢・歯石が着いたままの治療は、再感染、再治療 になりやすいです.
  3. 歯肉に炎症があるので、出血しやすく、詰め物が不十分 になりやすかったり、型取りがとても不正確 になりやすくなります.
  4. 歯石の上にかぶせ物 をしても長持ちしません.

 

さあ、あなたなら、どうしますか?

(厳密に言うと、医学的に不正確な表現もあるかもしれませんが、だいたいのイメージをお感じいただければ幸いです)